キーワード

刑罰タイプ

 
検 索

金融機関等の更生手続の特例等に関する法律 第五百五十四条 (業務及び財産の状況に関する物件の隠滅等の罪)V S中小企業団体の組織に関する法律 第六章 罰則

金融機関等の更生手続の特例等に関する法律 第五百五十四条 (業務及び財産の状況に関する物件の隠滅等の罪)

第四条第一項に規定する更生手続の開始の前後を問わず、債権者、協同組織金融機関に係る担保権者又は組合員等を害する目的で、協同組織金融機関の業務及び財産の状況に関する帳簿、書類その他の物件を隠滅し、偽造し、又は変造した者は、協同組織金融機関について第三十一条において準用する会社更生法第四十一条第一項に規定する更生手続開始の決定が確定したときは、三年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

重罪

V S

中小企業団体の組織に関する法律 第六章 罰則

次の各号のいずれかに該当する者は、三十万円以下の罰金に処する。

こんな刑罰比較も見られています