キーワード

刑罰タイプ

 
検 索

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第九章 罰則 V S商工会法 第五章 罰則

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律 第九章 罰則

精神科病院の管理者、指定医、地方精神保健福祉審議会の委員、精神医療審査会の委員、第二十一条第四項、第三十三条第四項若しくは第三十三条の七第二項の規定により診察を行つた特定医師若しくは第四十七条第一項の規定により都道府県知事等が指定した医師又はこれらの職にあつた者が、この法律の規定に基づく職務の執行に関して知り得た人の秘密を正当な理由がなく漏らしたときは、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

重罪

V S

商工会法 第五章 罰則

第二十三条第一項(第五十五条の十五において準用する場合を含む。)の規定による申請書又は添附書類に虚偽の記載をして提出した発起人は、五十万円以下の罰金に処する。

こんな刑罰比較も見られています