キーワード

刑罰タイプ

 
検 索

災害救助法 第五章 罰則 V S旅館業法

災害救助法 第五章 罰則

第六条第一項若しくは第二項若しくは第十条第一項若しくは第二項の規定による当該職員の立入検査を拒み、妨げ、若しくは忌避し、又は第六条第二項若しくは第十条第二項の規定による報告をせず、若しくは虚偽の報告をした者は、二十万円以下の罰金に処する。
V S

旅館業法

左の各号の一に該当する者は、これを六月以下の懲役又は三万円以下の罰金に処する。

重罪

こんな刑罰比較も見られています