キーワード

刑罰タイプ

 
検 索

プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律 第四章 罰則 V S資産の流動化に関する法律 第三百十一条 (社員等の権利等の行使に関する利益供与の罪)

プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律 第四章 罰則

第十六条第一項の規定に違反した者は、一年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
V S

資産の流動化に関する法律 第三百十一条 (社員等の権利等の行使に関する利益供与の罪)

第三百二条第一項第三号から第六号までに掲げる者又はその他の特定目的会社の使用人が、特定目的会社の社員の権利の行使又は特定社債権者、特定約束手形の所持人若しくは特定借入れに係る債権者の権利の行使(第六十四条第一項、第八十二条又は第百十二条において準用する会社法第八百二十八条第一項(第五号に係る部分に限る。)及び第二項(第五号に係る部分に限る。)に規定する権利の行使に限る。第四項において「社員等の権利の行使」という。)に関し、当該特定目的会社の計算において財産上の利益を供与したときは、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

重罪

こんな刑罰比較も見られています