キーワード

刑罰タイプ

 
検 索

プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律 第四章 罰則 V S日本国憲法の改正手続に関する法律 抄 第百十九条 (詐偽投票及び投票偽造、増減罪)

プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律 第四章 罰則

次の各号のいずれかに該当するときは、その違反行為をした指定登録機関の役員又は職員は、二十万円以下の罰金に処する。
V S

日本国憲法の改正手続に関する法律 抄 第百十九条 (詐偽投票及び投票偽造、増減罪)

氏名を詐称し、その他詐偽の方法をもって投票し、又は投票しようとした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

重罪

こんな刑罰比較も見られています